美容外科・美容皮膚科専門 看護士の求人・転職サイト【キャリプレ看護師】

看護師にも悩みはいろいろとある


看護師にも悩みはいろいろとあるもので、特に健康の悩みは看護師でもある人は多いのかもしれません。それでは看護師の意味が無いというように考える人も少なくはないかもしれませんが、人の看護をするという事は自分を犠牲にするということでもあるので、いろいろと健康に被害が出る人も少なくは無いのかもしれないのです。血行不良などで悩んでいる人は少なくはありませんし、むくみなども感じる人は少なくは無いでしょう。特に夜勤などで時間が不定期になっているというような場合は症状が悪化するという事も良くある事です。

看護の仕事は実はかなり肉体労働でもあるので、身体が資本でこれが弱るとは途端にきつくなるという事も良くあります。特にきついと感じる時ほど肉体労働が増えるように感じる人も少なくはありません。人のケアをするという事は、ある意味では人の行動を制限するという事にもなるので、頭で考えるよりも体で動くことの方が仕事としては多くなるという事になるのかもしれません。
何しろ、難しい医療行為は専門医の先生がすることになっていて、簡単な事は看護師の仕事という事になっていますから、この簡単な仕事というのはほとんどが肉体労働になっているということになりますから、どうしても肉体労働の方が多いという事になります。しかも、病気の人を扱うことになるわけですから、身体に何かの不自由があるという事は間違いないわけで、正常に動かないというのが当たり前なのが患者さんという事なわけで、そのケアが実は最も力がいる仕事という事になるのかもしれません。
そうした意味では、この仕事は男性の方が向いているという事も言えるのかもしれない。最近では男性も増えてきているという事はありますが、やはり女性の職場というイメージはぬぐいがたいものがあるというのは確かで、今でも女性が圧倒的に多いという事は現実ですが、やっている事は肉体労働の男性的な事が多いという事が言えるのかもしれません。
引継ぎ事項などは書類にまとめて、確実に引継ぎをするという事をするのですが、書類にするのはある意味では自分の為ではなく、仕事を明確にして誰でも出来る用にするという事の為なので、それほど長い時間かけてするような事でもないのです。

昔から看護師不足が指摘されることになっていますが、これは難しい問題で、これだけの激務をする人を増やすというのは確かに難しいという事になるでしょう。それでいて商売ではありませんから、給与が高くなるという事も考えられません。商売の場合は才覚に応じて報酬が変わってしまうという事が当たり前ですが、病院がそのような事になればもう終わりですから、みんなが同じような待遇で我慢をするしか無いわけです。とはいっても先生の待遇が良すぎるという事は気になるところはあります。その分をみんなに分けるという事をしても良いような事をしても良いかも知れません。医師は別格という概念が常にあるからそうなるのですが、別に医師にしてもとんでもなく凄い事をしているというわけではなく、病院で決められた事を決められたようにしているというだけの事で、特に難しい事をしている事はありません。自分の知らない事が出てくれば、ネットで調べてという事をしたり、上司に掛け合ってどのようにするのかという事を考えなければならないので、特に自分で全てを決めているという事でもないのです。

看護の仕事もそうですが、病院の仕事は常に命と商売とをどのように整合性をつけるのかで考えなければならないという事があると考えられます。命は極めて重いという事は間違いないのですが、だからといって、とんでもない治療費ということになれば、それは命を軽視しているという事にもなるでしょう。お金持ちからであれば、いくらでも取っていいのかもしれませんが、健康保険で診ている患者さんから、高額な治療代を取るという事はやはり難しいでしょう。今でも、かなりの負担をお願いしているという事になっているのですが、それでも大きな負担と感じている人は少なくはありません。病院はこれを治療費というように言って当たり前のように徴収しているのですが、これが良いのかということになると難しい問題になります。

昨今では治療費がどんどんと高騰していますから、当たり前のように社会保障費も高くなっていて、大きな社会問題にもなっていますから、やはり病院はバランス感覚を持つ必要があるのだという事も考えられます。看護師の待遇一つを取って見ても、今はまだいいバランスにはなっていないというように考えられますし、それが先生医師のクラスになるともう、常軌を逸しているレベルになっているという事も分かります。何しろ自分の命が惜しいという人は数多いるわけですから、病院が困るような事はまずないわけで、このバランス感覚をどれぐらい保つことが出来るのかが、これからの病院には問われることになるのかもしれません。