美容外科・美容皮膚科専門 看護士の求人・転職サイト【キャリプレ看護師】

看護師の働き方に対する悩みと解決方法


看護師は白衣の天使ともよばれますが、実は働いてみるとハードな仕事や女性の職場によく見られる人間関係など、様々な悩みを持つことも多いものです。様々な悩みを持つことにより、せっかく就いたあこがれの職業なのにやめなければならないかと考える人もいるかもしれません。しかし悩みに対し上手に向き合うことで、一つずつ解決に導くことが大切です。

看護師の悩みの一つとして夜勤がつらいことが挙げられます。看護師として働くうえで、夜勤の問題は避けて通れないものと言えるでしょう。夜勤は数ある仕事の中でも特にハードなものであり、看護師一人に対する受け持ち患者数が多く、一人にのしかかる責任とプレッシャーも非常に重いものとなります。万が一のことが起きた場合には自分の知識やスキルがなければ対応することが求められるでしょう。

また日勤と夜勤を繰り返すことにより体調管理も難しく、安定したライフスタイルを確保できないなどの様々なデメリットがあります。もしも夜勤に対して悩みを持っているのであれば、自分に合った勤務体系を選択するのも一つの手段といえます。一言で夜勤といってもその種類には変則の二交代制や三交代制の勤務があります。
二交代制は夜勤明けの翌日が休日になるため連休が取りやすく、出勤回数が抑えられるメリットがあります。反対に1日約16時間の拘束時間になるので、体力的にも精神的にもつらく、万が一の事態が起こった場合には、ストレスのかかる時間も長くなります。
もう一つの三交代制の場合には勤務時間が二交代制に比べると約8時間と短いのでストレスもかかりにくいでしょう。しかし夜勤明けが休みとカウントされることからせっかくの休日が寝ただけで終わってしまったというケースも多く見られます。このようにメリットやデメリットがあるので、自分に合った勤務形態を選択することによって、悩みが解決されるケースもあるでしょう。

また日勤常勤やパートなどに勤務形態を変更するのも一つの手段です。看護師は慢性的な人手不足であり、働き手に合わせた選択肢もたくさん見られます。夜勤がつらくこのままでは続けていけないというのであれば、日勤常勤やパートタイムなどの勤務体系を選択することで、悩みが解決されるかもしれません。そして二つ目の悩みとして家庭と仕事の両立が大変だということが挙げられます。看護業界は男性も増えてきていますが、現在でも女性中心の業界と言えます。
子育て世代で働いている人も多く、結婚や出産、子育てなどをきっかけに自分のライフスタイルが変化することで、働き方が変わるのも当然のことと言えます。独身であればバリバリと夜勤をこなし、責任のある仕事を請け負うことで大きな成長につながり喜びに変わるかもしれません。しかし家庭を持ち、さらには子供をもうけた場合には、自分の人生のどこに重きを置くのかによって、家庭と仕事のバランスを保つことは大きな問題となってくることでしょう。特に子供が幼いうちには、風邪をひいたり幼稚園や小学校などの行事などでどうしても休みが必要になることも多いものです。休みがほしいことがいいにくかったり、役割が十分に果たせていないなどの思いを抱えながら働きづらさを感じる人も多いことでしょう。

このような時の解決方法として、まずは上司に相談しましょう。働きにくいという思いを抱えたまま仕事をしていれば、周囲も巻き込んでしまう可能性があります。子供が病気がちなので急に休みを取ることが多くなりそうだけれども、周りには言いにくいからと言わないでいると、休みを申請するごとに自分が嫌な思いを抱えることになります。またこれに対して周囲は不満を抱えるかもしれません。そのためまずは自分の状況を上司に相談したうえで、自分や周りの人たちにとって一番良い方法を作り上げておくことが大切です。
また上司に相談しただけでは問題解決に至らないのであれば、勤務形態を変更することも一つの手段となります。子供が小さいうちはパートだけで働こうと考える人も多いものです。求人は比較的多い傾向にあるので、子供が大きくなってからでも十分に復活の余地があります。

最後に人間関係についてです。女性ならではの職場であることから、人間関係に悩むことも多いです。年齢層の幅も広いので価値観も違い、これらを埋められなければトラブルに発展する可能性も考えられます。また命にかかわる現場であることから指導に力が入ったり、厳しいことを言われるのもしょうがないことではあります。そうはいっても簡単に割り切れるものでもないケースもあります。これらの解決方法としては、やはり上司に相談することをお勧めします。人間関係に悩んでいることを打ち明ければ、親身になって聞いてくれることでしょう。
もしもこれを邪慳に扱うようであれば、それはよい上司とは言えません。また異動や転職を考えるのもお勧めします。もしも自分に合っている職場で働くことができれば、看護師として大きく成長できる可能性もあります。自分の希望に合う職場を見つけ、のびのびと働くことをお勧めします。