美容外科・美容皮膚科専門 看護士の求人・転職サイト【キャリプレ看護師】

看護師 辞める前の準備


転職するには当然ながら現職の退職手続きなど様々なプロセスがあるため、今回からしばらく「看護師 辞める前の準備」として、関連した内容を調査してみました。転職活動中の方や検討中の方の参考にしていただければ幸いです。

●なぜ辞めるのか

まず、準備の前に主な辞める理由から見てみましょう。
厚生労働省で公開されている「看護職員就業状況等実態調査結果」を参考にしました。

・出産、育児のため ─ 22.1%
・その他 ─ 19.7%
・結婚 ─ 17.7%
・他施設への興味 ─ 15.1%
・人間関係 ─ 12.8%
・超過勤務が多い ─ 10.5%
・通勤困難 ─ 10.4%
・休暇が取れない ─ 10.3%

10%越えの理由としては以上のようになっていました。

結婚・出産を合せると4割近い数値となっていますね。看護師の定着率は低いとは言われていますがネガティヴな就業環境が上位を占めなかったのは良かったですね。とはいえ未だ産休も取りづらい環境なのかなと言う見方もできますから残念な雰囲気も無いとは言い切れないかもしれませんね。

これらの理由から推察すると「看護師自体を引退して家庭に入る」「新居が勤務地から遠い」と言う要素も考えられます。仕事よりも新生活を重視して辞めるということになるわけですが、転職をしない限りは自身の収入はゼロとなりますので一定の自己収入も維持していきたいとお考えの場合は産休意外なら現在の環境でも非常勤など労働時間の減少を模索してみるなど職場の雰囲気次第では折衝してみるのも良いかとは思いますよ。

このように細かいケースにまで掘り下げると「案外辞めなくても良いのでは?」と言うこともありえますので今現在、辞めることを意識した場合でも視野を広めてみたり、身近な相談できる人に意見を求めたりしてもいいかもしれません。

相談できる環境が無いのであれば弊社へ相談目的で登録してもらっても構いません。新たな職場のご提案だけでなく、現在の職場の状況もお話いただければ今の職場での良い方向性があるか模索してみたり、ご利用者様目線での選択肢をご提案いたします。

続いて辞めた理由として職場のネガティヴ要因とみられるものを括ってみると

「人間関係」「超過勤務」「休暇が取れない」で、33.6%となっています。新生活要因が4割ほどで見た形にはしましたが、もし「その他の19.7%」に職場のネガティヴ要因が多かったら看護師の辞める理由として1位グループになってしまう可能性は十分にありますよね。これらの要因はご自身のキャパシティを超えてしまうと心身に異常をきたす可能性がありますから早期に辞める準備を整える必要がありますし、劣悪な環境次第では準備よりも「早く逃げて」と言うこともあるかもしれません。

現状の労働基準法では労働時間は週40時間までで、労使協定(36協定)を結べば45時間まで可能になりますが繁忙期など「臨時」に限ればさらに伸ばすことが可能だったりと複雑です。いずれにせよ過剰労働で疲れている方々は思考力も鈍りがちとも言われていますし、違法だからと訴えても裁判まで行うのはハードルの高い行為でもあります。

少なくとも過労死ラインといわれる、1ヶ月間に100時間や2ヶ月〜6ヶ月にわたって、80時間を超えるようなケースは非常に危険ですので、このような最悪な労働基準を予め把握しておくことも危険な就業状況に追い込まれない大事な知識としてとどめておきたいものですね。

一方で休日になってくると週1日の休日もしくは月4日以上の休日があれば法律的には問題ないことにはなっています。1970年代以前では普通だったのかもしれませんが今では週休3日の話なども出始めてきているので法律が時代に遅れている感は否めませんね。

ただ、どちらも本当に必要とされて集中しながら業務をこなしていく中と無駄がある上でダラダラと就業時間も延び、休日もなくなっていくケースでは心身の疲労や個々の受け取り方も変わってくる場合もあることでしょう。

「やりがい」か「ゆとり」重視どちらにしても細かい部分での考え方の違いなど看護業務に限らず働いていくことは難しいことの要素もあるかもしれませんがキャリアプレゼントでは少しでもクリニック側と看護師さんの相互理解が得られるマッチングした求人を紹介していきたいと思っています。

「看護師 辞める前の準備」とお題に書いた割りにはプロローグ的なことで随分と書いてしまいましたね。実際にどんなことをするのか、していったほうが良いのかなどは次回以降に書いてみたいと思います。